青汁を飲み忘れないコツ

青汁やサプリメントはいつ飲んでもよいものです。

ということは、飲み忘れる・・・またはなんとなく飲まなくなってしまう・・・

さらには・・・・青汁を買っておいたことを忘れ去ってしまう!

意外によくある現象です。(わたしもありました。)

青汁を飲み忘れないコツといえば、お薬と同じような扱い方をするということ。

たとえば、

朝食時に飲む
いつも同じ時間に飲む習慣にしていまえば、無意識にいつまでも続けられます。

置く場所を決めておく
食卓の隅に青汁専用の位置を決めておけば、自然に手が伸びます。
引き出しにしまうなんてのは最悪です。

家族に教えてもらう
青汁を飲んでいない青汁を飲み忘れているのに気付いたら教えてもらうようにお願いしておけば、効果はあります。

もっといいのは、「飲み忘れたのを見つけられたら罰金100円!」などと決めておけば、家族はけっこうおもしろがってあなたのことを観察してくれます。

カレンダーに書く
毎日目にするカレンダーや手帳に飲み終わる予定や数などを書き込んでおけば、忘れることはありません。
また、予定がずれてきても修正しやすいです。


青汁は強制力がないので、やめてしまっても基本的にだれも文句を言いません。
自分なりの決まりを作ってうまく続けていくことが大切です。


フィード