青汁は一日に何杯飲んでもいい?

極端な人は、「青汁が健康にいい」と思ったら、一日に何杯も何杯も飲むことがあるかもしれません。

青汁に限らず、偏った食品を大量に摂取するのはあまりおすすめはできません。

もちろん青汁は医薬品ではないので、副作用は基本的にはありませんが、青汁の飲み過ぎによる悪影響には次のようなものが考えられます。

吐き気・ムカムカ・下痢または便秘・アレルギー・発疹など。

特に注意が必要なのは糖尿病腎臓病の方。

一般的に青汁は糖尿病予防によいと言われますが、すでに糖尿病の方は医師に相談をしてから飲むべきでしょう。
というのは、青汁に豊富に含まれるカリウムが高カリウム血症につながる可能性があるのです。
腎臓の機能が低下している場合、カリウムを排出しづらく溜め込んでしまうからです。

ワーファリン錠服用者も青汁は控えるようにします。
植物中のビタミンKやクロレラ食品はワーファリンの抗凝血作用を減弱するのでひかえることという記載があります。
青汁の多くはビタミンKを豊富に含んでいます。


フィード